ビジネスの自己紹介で一度で相手に覚えてもらえる3つのポイント

日本語での自己紹介は、名前と会社名くらいしかいいませんが、英語だと違います。自分のいいところやプライベート情報を入れます。それは相手に覚えてもらうのはもちろんのこと、この人と一緒に仕事をしたいと思ってもらうためです。 #ビジネス英語 #英語自己紹介

無料メルマガ「管理職の英語」のご登録はこちら
無料メルマガ「英語で仕事をする超入門5日間メルマガ講座」

【関連動画】 プロフェッショナルな英語自己紹介:プロジェクトメンバーと客先でのプレゼンテーションを使い分ける

この記事を書いた人

仕事の英語パーソナルトレーナー
HR Specialist
河野 木綿子(こうの ゆうこ)

ロンドン大学 Goldsmiths College 2000年
心理学部 大学院卒業

25年間大手外資系企業の人事部に勤め、人材開発の専門家となる。その経験とロンドン大学大学院で学んだ学習理論と効果測定を活かし、日本で第1号となる仕事の英語パーソナルトレーナーを2014年に開業。
著名人含む約90名を、仕事の英語デビューに導いてきた実績を持つ。

【保有資格】
・ケンブリッジ英検
・IELTS 7.5 ※旧英連邦の英語4スキルテスト
・英国心理学協会の能力・適性テストの実施資格※
※企業で面接、適性検査、能力検査を実施する資格

河野木綿子ホームページのトップページはこちら

>> プロフィールをもっと見る