英語プレゼンで「持ち帰ります」は何と言いますか?

英語プレゼンで質問に答えられない時に「持ち帰ります」という発想がありません。

英語のプレゼンはそのプロジェクトのことを一番知っているリーダーまたは担当者がします。したがって、だれかに聞かないと答えられないということはありません。
「持ち帰る」のではなく、プロジェクトの担当者として「考えられる可能性」をいくつか伝え、関係部署に確認してから回答します。と伝えます。

例:
A、B、Cが考えられますので、関係部署に確認してからあらためてご回答します。

We might have three possibilities, they are A, B, and C.
Let me get back to you after checking with relative departments.

とはいえ、どうしても自分の一存で言い切ってしまうのもコワイということもあるでしょう。そんなときは
こんなふうにお応えすることも可能です。

例:
上の者と確認して、のちほどご連絡を差し上げます。

Let me check with my manager, and get back to you later.