違いは何?「英語ビジネスコミュニケーション」と「大手英語ジムの英語パーソナルトレーナー」と「英語コーチ」

近頃では「英語コーチ」という言葉をよく耳にするようになりました。こちらの仕事の英語パーソナルトレーナー「英語ビジネスコミュニケーション」と、大手英語ジム英語パーソナルトレーナー、そして「英語コーチ」の違いは以下のとおりです。(個人差・団体差はあります)

「英語ビジネスコミュニケーション」と「大手英語ジムの英語パーソナルトレーナー」と「英語コーチ」
それぞれの特徴

河野木綿子の「英語ビジネスコミュニケーション」を受講することで得られるベネフィット

世の中に英語学習を極めてTOEIC®満点または高得点の講師は多いですが、英語で仕事をするのが日常だったという英語講師は少数です。
25年間の実務経験から生まれたオリジナル教材『英語ビジネスコミュニケーション術 文法・スキル・マナー80項目』『ビジネス英単語集190』は英語で仕事をする多くの方に知っておいていただきたいものだけで構成されています。修了後アンケートで「他にはないコンテンツです!」(YUさん)、「一番ハードだったけれど効き目があった」(YHさん)と言われるコンテンツです。

売れているテキストが必ずしも仕事の英語に役立つ内容とは限りません。

ひとりひとり目の前のクライアントさんの目標達成につながるものだけを選りすぐってカスタムメイドのコースを作ります。クライアントさんが英語で仕事ができるようになる秘訣です。

レッスンは週に1回の対面セッションと毎日の添削指導、Chat Workでの質問し放題などで構成されます。
※「英文メール基礎講座」、「はじめての英語プレゼンと質疑応答」は除く

大手英語ジムの英語パーソナルトレーナー

TOEIC800点以上、経歴不問(募集要項より)で採用後(多くは20代~30代)、2か月前後の研修期間と見習い期間半年を経て英語パーソナルトレーナーとなります。
海外留学から帰国後に応募される方など、ビジネス経験の浅い方が多いようです。
受講生のカリキュラムは英語ジムによって日常会話・ビジネスなど目的とレベルに合わせて決められています。

英語コーチ

TOEIC対策、日常会話、キッズ英語など得意分野はさまざま。主に目標設定と進捗管理をサポートします。英語コーチ講座の参加要件はおおむねTOEIC®700点以上です。ティーチングはせずに目標とスケジュール管理だけの方もいらっしゃいます。

コーチのご経歴は様々ですが「英語コーチ講座」で学んだ専業主婦の方などビジネス経験の浅い方が多いようです。夫の海外駐在同行経験者、塾講師、元学校教員など経歴も様々です。

「仕事の英語パーソナルトレーナー河野木綿子」と「大手英語ジム」との違い

  • 受験英語でない「仕事の英語の使い方が」身に付きます
  • 海外の人たちと一緒に仕事をするのに大切なビジネス英語のマナー・知識が身に付きます
  • トップマネジメント・お取引先の決裁権限者とも失礼のないやりとりができるようになります
  • 自分に合った英語学習法がわかります(修了後も自分で続けられます)
  • 忙しい中でも時間を有効活用できます
  • (隙間時間の活用・オンラインレッスンで効率化)
\ 評価に直結! /

英語ビジネスコミュニケーション
無料お問い合わせ

ご相談のご予約はお電話・メールからどうぞ

受付時間:9:00~17:00 (月曜を除く)