新宿三丁目 新宿御苑前 管理職のビジネス英語 

仕事の英語
パーソナルトレーナー
個人・法人向け

お伝えするのは英語だけではありません。「何をどう伝えるか」です

製薬・医療機器業界が得意です
法人向け単発研修・講演
例「社員英語力ボトムアップのための単発セミナー」など

遠慮なくごお悩みをご相談ください

 

企業向けセミナーなど

ご質問はこちらをクリック!

代表者ごあいさつ と なぜ私が「仕事の英語」なのか

ごあいさつ: プロフィールとビジョン

こんにちは。
「仕事の英語パーソナルトレーナー」 代表の
河野木綿子
(こうのゆうこ)です。

私どもは管理職の英語のお悩みを本気で解決し続けています。

<代表者プロフィール: なぜ私が「仕事の英語」なのか?>私どもの強み>

大手外資系企業出身 元採用・人材開発部長。
私自身、初めは英語で仕事ができませんでした

大学4年生の時、就活で外資系企業は考えてもみませんでした。
その後、初めて外資系企業に移った当初は困り果てました。
言えない事は絵を描いて
説明したり、知っている単語をただ並べて仕事を乗り切る日々。

それでも試行錯誤を重ねるうちに徐々に英語で仕事が
できるようになり国内外の実務を任されました。
途中、専門性を高めるために留学を経験し、振返って
みると外資系企業での実務経験は25年。その間に当たり前に英語でできるようになったのは以下のことです。

<25年間かけてできるようになったこと>
・日常会話    ・スピーチ
・電話の会話   ・ビジネスプレゼンテーション(資料作成とデリバリー)
・Eメール     ・ミーティングリーディング
・秘書業務全般  ・電話会議ファシリテーション

・仕事現場での通訳

こうした自分の実体験からいつか会社員を退職してビジネスパーソン、更に自分が長年経験した管理職の英語の悩みの解決を仕事にしたいと思うようになりました。

皆さまは私のように 25年の歳月 を費やす必要はありません
受講生がやる気を失わず、最短期間でできるようになるための工夫を集めています。
会話とEメールなら半年、プレゼンテーションの基礎ならその後半年で出来るようになります

<経歴>
男女雇用機会均等法以前の(株)西友に新卒で入社したのがきっかけで人材開発の道に入り、
1990年以降は大手外資系企業で人材開発部門のキャリアを積みました。

38歳の時。360度フィードバックという上司評価制度の担当をした際に、人事という人さまの人生を左右する仕事をするのには高い専門性がなければ社員の皆さんに申し訳ないという思いが沸き、ロンドン大学心理学部大学院に留学しました。
大学院では世界最新の学びのメカニズムについての理論、採用・人材開発の手法、研修効果の測定、適性診断について学びました。

帰国後は当時まだ少なかった女性管理職として大手外資系製薬企業で仕事をする機会に恵まれ、採用・人材開発の実績を上げたために頂いた社長表彰の数は合計で4回に登のぼります。

50代に入ると時差の中での仕事は身体に堪えます。
それまでと違う他の方法で日本のビジネスに
貢献し
続けられないか?と考えたのが「仕事の英語パーソナ
ルトレーナー」です
私がお伝えしているのは
「ビジネス英語の例文集」ではありません。

英語とともにお伝えしているのは
・ 知っておきたい理職ならではの言い回し
・ 文化的背景が違う人たちとスムーズに仕事をする
  ためのヒント
・ 英語を共通語として使う職場でのルール


英語を共通語として仕事をする管理職があらかじめ知っておいたほうが良いことがいくつもあります。でもそれをプログラム化している英語学校にはまだ出会っていません。
職場の人間関係を良くする心遣い、パワハラ・セクハラの誤解を受けない言回しをレッスンでは
常時取り上げます。

お申込み・お問合せはこちらをクリック!

 

<ビジョン>急速にグローバル化が進む日本で、”英語でも仕事をする”をあたりまえに

アジア、ヨーロッパ、アメリカでの会議に出席すると共通語は英語です。
日本企業で働いていてもある日突然会社が外国籍になる。可能性は高まっています。
いま始めなければ、活躍の場が狭められてしまうかもしれません。


ひとりでも多くのみなさんが英語でも当たり前に相手の話を聞き、自分の意見を主張する。
人間関係を築いて素晴らしい成果をあげる。

それが私どもが描く明日の日本です。

ページトップへもどる

<社名「仕事の英語パーソナルトレーナー」の由来>

「仕事の英語パーソナルトレーナー」を開業したのは
外資系企業においても「英語?できません!」という
方をたくさん見てきたからです。
多くの方が英語を読むことができます。
でも実際に口を動かして話す経験をしたことがないのが現実。
どうやったらこの状況を脱して、英語ができるように
なるお手伝いができるかな?と何年も考えていました。


そして今から6年近く前、新宿西口のジムで
トレーナーさんについて筋トレをしていた時のこと。

あっ!と、ひらめきが降ってきました。
①トレーナーがお手本を見せてくれる
②受講生がそのマネをする
③うまくできると褒めてくれる。たりないところは
   アドバイスしてくれる 
④普段の練習方法も指導してくれる
   → パーソナルトレーニング
なので確実にできる
         ようになる。。。。   

このやり方は英語学習でもできそう!英語にもパーソナルトレーナーがいていいはず!

それがきっかけで「英語のパーソナルトレーナー」という仕事の仕方が生まれました。

一人でも多くの人に言葉の壁を感じずに仕事ができる
充実感・達成感を味わって
いただきたい。
それが私どもの願いです。

イチロー選手がバットの素振りを繰り返すことで完璧
なスィングを常に再現できるのと同様、英語を
「学ぶ」のではなくトレーニングを通して身に付け
さっと英語が出てくる瞬発力が身に付きます。
講師(トレーナー)が受講生(ランナー)に寄り
添って走るようなレッスンを心がけています。
ページトップへもどる

ごあいさつ

代表者名
河野 木綿子
(こうの ゆうこ)
学歴・著書・
主な勤務先・所属・実績

学歴
1983年 上智大学文学部
     新聞学科卒
2000年 ロンドン大学
           心理学部大学院卒著書:
「読むだけでTOEICテストの
 スコアが200点上がる本」

あさ出版2015年3月29日発売

新刊のお知らせ:
「仕事の英語 
いますぐ話すための
 アクション123」

 すばる舎 より発売
4月29日 Kindle
 総合1位

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Amazonはこちら
全国大型書店でもお求め
いただけます

  公式ブログ
 火~金
 毎日更新中

仕事に役立つ英語、学習法のヒントや
外資系企業文化の話が満載

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログはこちら


主な勤務先
・シーメンスジャパン(株)
・ファイザー(株)
・バクスター(株)
・モルガンスタンレー証券

所属
・DMM英会話
  法人向け英語研修講師
  なんてuKnowアンカー

AMAグローバルナレッジ
  マネジメントセンター 
パートナー講師
・NPO学習学協会
      
認定英語学習コーチ

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表者ごあいさつ

トレーナーはこんな人
      (真ん中↓)

江東レインボーFM
「イングリッシュドクター 西澤ロイの頑張らない英語」
に河野木綿子が出演
(真ん中)

↓↓↓↓↓↓
出演時の動画はこちらを
クリック